収納家具があれば大丈夫|NOライフNOインテリア

内観

タンスとは違う

タンスとメタルラックの違い

部屋の中に効率的に物を収納する場合、ラックが最も便利です、ラックにはいくつかの段がありますから、縦のスペースを利用して沢山の物を置く事ができます。 またメタルラックであれば格段に埃が溜まる事もありませんので、部屋の清潔を守る上でも大変便利です。 日本を代表する収納家具と言えば「タンス」が有名です。タンスは1661年〜1673年の大阪で初めて生まれました。こちらも、埃をつけずに物を収納できる優れた家具です。 一方現代のようにメタルラックが普及したのはアメリカ文化が流入した戦後の事です。日本では90年代から市場に数多く出回るようになったと言われています。 メタルラックはシンプルなデザイン性のラックであり、そのためどのような部屋に置いても似合う魅力があります。

生活の変化に応じて必要になるインテリアも変わる

収納の上手い人は、「縦」の空間を効果的に利用すると言われています。 マンション住まいの方にとって、「横」の空間は自分達の可住領域を狭める事になりますので、使用するのは効率的ではありません。縦の空間は自分達が歩く道を侵食しない便利な空きスペースなのです。 メタルラックは縦の空間を利用したインテリアですから、マンションや少々手狭な住宅にお住まいの方にとって最も効率的な家具であると言えます。 今後都市部では人口が増加するに従って可住空間が減少して行きます。限られた住宅スペースの中でより快適な暮らしを送るために、メタルラックを使用する方が増えるでしょう。 特にメタルラックは何をおいてもデザイン的にフィットする点が優れています。食器やCDなど幅広いものを収納する事ができます。